cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

cFosICS

cFosICSは、Windowsインターネット接続の共有を管理するためのフリーウェアツールです。
次のコマンドラインインターフェイスを提供します。

cFosICS.exe list -共有可能なすべてのインターネット接続をリストします。

cFosICS.exe share <public_GUID> <private_GUID> cFosICS.exe listコマンドで取得したGUIDを使用して、2接続のインターネット接続共有を作成します。
<public_GUID>は、共有するインターネット接続を選択し、 <private_GUID>は、パブリックインターネット接続にアクセスするネットワークアダプター/接続を選択します。


cFosICS.exe disable -現在の構成されたインターネット接続の共有を削除します。

Windows 10の新しいバージョンには、再起動後にインターネット接続の共有が機能しなくなるバグがあります。
したがって、 cFosICSは次の追加コマンドを提供します。

cFosICS.exe restart -インターネット接続の共有を再起動します

cFosICS.exe autostart <delay> -タスクスケジューラを使用して、システムブート時に"cFosICS restart"<delay>秒の遅延で自動的に呼び出します。ほとんどの場合、遅延なしで起動することはできません。 <delay>が指定されていない場合、デフォルト値の60が使用されます。

cFosICS.exe uninstall -タスクスケジューラから"cFosICS restart"コマンドを削除します

注意 :すべてのコマンドは管理者として実行する必要があります。たとえば、「管理者として実行」で起動したPowerShellコンソールで実行する必要があります。

ダウンロード
cFosICS
cFosICSはWindowsのインターネット接続共有を再起動します