cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

シフォス スピードで優先順位を決める
プログラムリスト
お勧めの新しいプログラム

ファイル共有のトラフィックシェーピング(P2P)

cFosSpeedトラフィックシェーピングのおかげで、最終的にアップストリーム帯域幅全体(eMule、Kazaa、BitTorrentなど)を使用し、他のインターネットアプリケーションに悪影響を与えることなく、他のファイルネットユーザーが利用できるようになります。

ファイル共有ソフトウェアの問題

ファイル共有プログラム(eMule、Kazaa、BitTorrentなど)を実行すると、通常、アップストリームチャネルの帯域幅がすべてではないにしてもほとんどが占有され、接続がping時間を長くする傾向があります。これは、ファイル共有通信自体の実行が遅くなることを意味するだけでなく(ソース要求は数ミリ秒ではなく、1〜2秒かかる場合があります)、他のインターネットアプリケーションをクロールするのを妨げます。同様に、TCP ACKが時間内に送信されないため、ダウンロードレートが低下する可能性があります。また、ネットサーフィン中にブラウザーの応答が著しく低下します。

多くのファイル共有プログラムが提供する一般的な回避策は、アップロード速度に人為的な上限を設けることです。

ただし、ファイル共有アップロードに加えてメールアップロードを同時に実行している場合、両方が利用可能なアップストリーム帯域幅を奪い合います。これらのアップロードのそれぞれが最終的に受信する帯域幅は、基本的に偶然に委ねられます。場合によっては、これによってすべてのTCP接続が終了することもあります(TCP接続不足)。

ソリューション:トラフィックシェーピング

cFos Traffic Shapingトラフィックシェーピング

cFosおよびcFosSpeedに統合された優先度スキームは、ファイル共有プログラムの最大ダウンロードレートを保証する方法でデータパケットを(再)編成します。さらに、cFosおよびcFosSpeedは、ファイル共有データ転送の優先順位を下げます。さて、これは、そのようなトラフィックが人為的に遅くなること、または完全に停止することを意味すると解釈されるべきではありません。それが意味することは、しかし、より重要なデータが送信されているとき、そのようなデータは短時間遅れることです。この優先スキームによってのみ、ファイル共有プログラムを最大転送速度で実行し、同時に他のアプリケーションに同じ接続を同時に使用することができます。

たとえば、ネットサーフィン中にバックグラウンドでファイル共有プログラムを実行している場合、新しいページがロードされている間、P2Pトラフィックの短時間の最小限の低下しかありません。同様に、より長い電子メールを送信する場合、メールの送信中にP2Pアップロードレートが若干低下する場合があります。メールが送信されると、すべてのアップロードが再び最高速度で続行されます。唯一の選択肢は、メールの送信を「永久に」延期するか、何らかの方法でファイル共有の転送帯域幅を人為的に制限することです。ただし、これは、他のアプリケーションが同じ接続を使用していない場合でも帯域幅の損失を意味します。

したがって、cFosSpeedはファイル共有(p2p)ソフトウェアでの使用に最適化されており、ユーザーは通常のインターネットアクティビティに気付かずにそのようなプログラムをバックグラウンドで実行できます。

したがって、cFosSpeedはいずれにせよインターネットトラフィックをすでに最適化するため、Kazaaなどを「無制限のアップロード」に設定し、「スピードセンス」オプションを無効にすることをお勧めします。

アイコンスキン

ほとんどのユーザーはファイル共有プログラムを1日24時間実行しているため、cFosSpeedにはこのための独自のアイコンスキンが付属しており、常に別のステータスウィンドウを開く必要なく接続を追跡できます。

優先順位付け:

かなり少数のユーザーが、ファイル共有専用に1台のPCを用意し、インターネットに直接接続されたメインコンピューターを介してP2Pトラフィックをルーティングします(たとえば、インターネット接続の共有経由)。この場合、cFosおよびcFosSpeedに統合されたレイヤー7プロトコル検出により、BitTorrent、eDonkey 2000(eMuleなど)、Kazaa、Gnutella(2)、Kademlia、Direct Connectなどの最も重要なP2Pネットワークの優先順位付けが可能になります。

プログラムの優先順位付け:

プログラムの優先順位付けのためのダイアログ

cFosおよびcFosSpeedは、名前によるプログラムの優先順位付けも許可します。最も重要なプログラムの多くは、既にプログラム設定リストに含まれています。この優先順位付けの方法は、レイヤー7検出がデータを正しく認識して割り当てることができない場合に特に役立ちます(たとえば、暗号化されたP2Pトラフィックの場合)。

DSL接続設定

接続設定の最適化:

[接続設定]で、使用する転送メディアを正確に指定できます。接続に関する詳細情報がcFosまたはcFosSpeedで利用できるほど、ping時間は長くなります。デフォルトは「Adaptive」です。ただし、たとえばDSL接続を使用している場合は、適切なDSL標準またはプロトコルをメディアとして選択する必要があります。

BitTorrent、E2KなどのP2Pファイル共有ネットワークで最適なパフォーマンスを得るためにcFosSpeedを構成する方法