» cFos Traffic Shaping
This page is not sufficiently translated!
Get a free license (cFos, cFosSpeed or cFosBC) for helping us.
More information

インターネット最速化 よって トラフック シャーピング

Our new Traffic Shaping page

Ping times with different cFosSpeed versions
(down / up - without base delay - = better良)

Ping time decrease with newer cFosSpeed versions * LL = Low Latency mode, costs about 5-10% transfer rate
cFos YouTube Channel cFos YouTube Channel : WWindows7でのcFosSpeed インストールを見る
c't ドイツのコンピュータ雑誌“テスト”における最速のDSLドライバー


Ping times are drastically reduced for all connections! cFosSpeed version 6.50 offers the best Traffic Shaping ever.

How does Traffic Shaping work?トラフィックシェーピングをどうします?

Normal data transfer通常データ転送
Normal data transfer通常データ転送:
Data reception needs to be confirmed (ACKnowledgment packets) before new data can be sent.データの受信(受信確認パケット)は、新しいデータが送信される前に確認する必要があります

No Traffic Shapingトラフィックシェーピングなし
No Traffic Shapingトラフィックシェーピングなし:
ACK packets are stalled and delayed by a simultaneous upload. As a result, the download is slowed down as well.ACKパケットが詰まると、同時アップロードも遅れている。その結果ダウンロードも遅くなる。

cFos Traffic Shapingトラフィックシェーピング
cFos Traffic Shapingトラフィックシェーピング:
ACK packets are prioritized in the upstream, allowing the download to continue at maximum speed.ACKパケットは上流側に、ダウンロードは最大速度で継続するよう優先されます。

cFos トラフィックシェーピングは、データ転送中に遅延を削減し、サーフィンに最大3倍高速インターネットをすることができます。つまり、あなたの接続の全帯域を使用できます!

TCP / IPの転送中は、一定量のデータは、受信時に詳細を送信する前に確認する必要があります。遅延や転送レートの低下でスタリングデータの確認の結果、このように強制的に送信者を待つ。特にDSLやケーブル、それが可能な息をとめダウンロードを遅らせるために這う様に上流チャネルへアップロードする(これはとにかく小さい帯域幅を持って)。これはこのようなシナリオのために十分な上流帯域幅はデータの確認のため残っていないです。

標準的なソリューションは、これまでしようとするこのため、TCPウィンドウサイズを増やすことにより多くのデータを即座に確認なしで送信することによって補償されている。主な問題はここには、これはまた、高pingの時間(遅延につながる)とWebページのレンダリング中に大幅な遅延です。待ち時間は最大2秒の512kのサイズのTCPウィンドウの珍しいではない。要するに、巨大なウィンドウのサイズはちょうどあなたが完全なダウンロード速度を実現させません。


対照的に、このような方法でcFosトラフィックシェーピングの優先順位は、、重要なパケットはを先に過通常のパケットを後回しにしています。この方法では、受信は常に時間通り到着し、アップロードは二度とあなたのブロードバンド接続を締め付けません!

cFos トラフィックシェーピング技術は重要なパケットタイプの数を認識するだけでなく、インターネットのトラフィックはスムーズには実行も特に低いpingの時間の確保するため保つためにそれらを優先されます。これは、サーフィンとダウンロードを加速するだけでは無く、それはまたオンラインゲームに対しても決定的な利点があります。

With cFos のトラフィックシェーピングを使えば、可能な改善と利益の測定ができます

  • アップロード中の最大速度ダウンロード
  • Webサーフィン中や他のアプリケーションを実行中の一貫して迅速な応答時間

高速度, 低ping

マルチダンロード、アップロード中のPing時間

= better良 RTT Diagram
1-4 アップロード: Ping時間はcFosにより一貫して低い, XPの ドライバでは "システムの速度低下"

トラフィックシェーピングがなければ、TelnetまたはSSHセッションにおいてpingの時間が簡単に2秒に達する、場合によっては完全に参加不可能になります。しかし、cFosトラフィックシェーピングでの待ち時間は通常のままです。

これだけで新しいサーフィンを感じることができます!

また、Webをサーフィン中に、あなたは任意のデータ転送はバックグラウンドで実行しているハード処理のようである様に感じるでしょう。繰り返しますが、このような大幅な削減遅延は、特にオンラインゲームのための便利になるだろう。

まず、のcFosトラフィックシェーピング測定は上流と下流のレートとping遅延をすべてのインターネット接続に適用します。その後、すべてのインターネットのデータ転送のスケジューリングを制御するため、この情報を使用します。また、トラフィックシェーピングは、必要に応じて個々の接続可能な帯域幅を動的に割り当てることをします。

ACKを優先はcFosトラフィックシェーピングだけでなく、これらのTelnetやSSHを使用のような他の重要なパケットにも適用されます。したがってcFosトラフィックシェーピング、ファイル共有プログラムやメールのアップロードの接続等阻害する物を最終的に過去のものとします。

しかし我々は言葉をとりません。自分だけで参照してください。

トラフィックシェーピングを行う他に何か?

ACKパケットを優先に加えて、トラフィックシェーピングを実行するか、また次を実行することができます。

  • RX シェーピング
    例えばダウンロード中の通信を阻害するその他のダウンロード中からpingの時間を保証するように残す。
  • ACK-Filter
    TCP / IPのACKの最適化ために上流チャネルの帯域幅を利用できるようにする。
  • 個々のプログラムの優先順位付け
    ゲームのように他のものより低い優先順位を割り当てるが特に重要なアプリケーションのいくつかの余分な帯域幅を予約しようとして便利です。
  • ボイスオーバーIP(VoIP)の音声品質
    を認識し、RTPパケットの優先順位によって改善される。
  • レイヤ7解析
    HTTPやFTP、POP3、SMTP、ICMP、SSH、Telnetなどを介して他のプロトコルの優先順位付け、およびDNSは内蔵のプログラマブルフィルタリングルールを使用して行うことができます。

Advanced Traffic Shaping

cFosSpeed traffic shaping consists of two major parts: first, find out the maximum line speeds (send resp. receive) and then, send out data with no more than the sending speed and use a priority queue for the rest of the data. Thus, more urgent data can be sent out first. When receiving, cFosSpeed can not change the order of the data packets to be received, but it can slow down the senders so much that the line is not clogged from that side and ping times are nice and low.

cFosSpeed determines transmission speeds by sending out ping packets. These packets are sent out with a small TTL value, so as to return quickly and produce more accurate timings. For this purpose, cFosSpeed sends regular ICMP echo-request Ping packets or small UDP packets, whatever works better.

Over time, cFosSpeed records the lowest ping time. Then, when later cFosSpeed measures higher ping times, it knows that the line must be congested. To counter that, cFosSpeed will reduce sending and/or receiving speed.

This method works quite well for data transmission media that are very stable and work always with the same speed and latency like DSL or Cable. However, it leads to problems on media with highly varying ping times, like wireless mobile connections (UMTS, WiMAX, CDMA, CDMA 2000, etc). A temporary increase in ping time will cause cFosSpeed to reduce its sending or receiving speed, even if such a spike in ping time might not be caused by a clogged line. Thus, the maximum speed might not be reached and cFosSpeed can not use all available bandwidth.

As a solution, cFosSpeed now conducts statistical analysis of ping times over a relative long time period to determine the normal ping time of the connection and the typical deviation from it. This statistical data are dynamically adjusted, so changes in bandwidth or latency are detected and properly reflected. This improves transmission speeds on mobile connections, but also increases responsiveness slightly on DSL or cable connections.

This statistical analysis works fine as long as cFosSpeed can be sure that changes in measured ping times reflect the normal behaviour of the medium. Unfortunately, traffic sent or received over the same line by other users will as well increase the ping times and would poison the statistics and therefore would cause unnecessary slow sending or receiving rates.

cFosSpeed addresses this with its new Net Talk feature: each cFosSpeed connected to the same router (i.e. on the same local network) broadcasts how much data it has sent and received to all other cFosSpeed drivers. This allows all cFosSpeed drivers to adjust their speeds according to the sum of all traffic, not just their own share of it. The result is more accurate statistics, thereby improving the quality of traffic shaping, meaning more data can be transmitted with still low ping times.

自分でテストして!

読み回数を比較しています

greenpeace.org
cFos 5.5 sec
XP 19.6 sec
amazon.com
cFos 8.3 sec
XP 39.2 sec
同時に1つのアップロードと2つのダウンロードを実行して、cFosはあなたはネットサーフィンをXPのドライバよりも3倍速くすることができます!
Date: 09/2004 - DSL 768/128 接続

まず、心の中でその接続で最高の伝達速度になるように1つだけアップロードまたはダウンロードを使用し測定したテストをします。cFos トラフィックシェーピングの効果のため、あなたは、少なくとも2つの同時データを生成する必要があります。

cFoscFosSpeedのどちらでも 接続に対して自分自身を調整します。これが最良の結果は、これらのプログラムを使用して、通常その後数日間、多くのアップロードとダウンロード可能な限り完全な速度で実行するされるということです。

今少なくとも5 MBの添付ファイル付きの電子メールを自分宛に送信します。標準的な接続では、これはあなたが測定に使用できる約5分間である必要があります。各テストの場合は、ブラウザのキャッシュをフラッシュし、Webサイトの読み込み時間が追跡する。すべてのテストの最大精度を複数回繰り返す必要があります。

複合ダウンロード & アップロード

= better良 転送レート

例として、1つのアップロード中の1つのダウンロード, "一般的" な768 kbit/sDSL 接続でダウンロードレートは約 87 kbytes/sに達します、そしてアップストリームは大ざぱに言えば16 kbytes/sです. 11.5 kbytes/s の数字が可能なアップロードとなります、ここで残っている 4.5 kbytes/s がダウンロードセッションのためのハンドルデータとなります。

ping時間の追跡するため1つの簡単正確な方法は hrPing freeware utilityを使用すること

  どのようなインターネットのチューニングの代替方法がありますか?

すべての画像とテキストこのページで自由に渡すことができます。
をクリックすれば高解像度の画像。
Powered by cFos Personal Net Web Server
Practice random kindness and senseless acts of beauty