cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

Intelbras WRN 150のポート転送を有効にします


Intelbras WRN 150 Step 1

1 ユーザー名とパスワード(デフォルトIP: 10.0.0.1-デフォルトのユーザー名/パスワード: admin )でルーターにログインし、「 Acesso 」(アクセス)をクリックします



Intelbras WRN 150 Step 2

2 NAT/DMZ 」をクリックしNAT/DMZ



Intelbras WRN 150 Steps 3-7

3 最初の行で「 Endereço IP LAN 」を見て、cFos Personal Netが実行されているコンピューターのIPを入力します

4 [Habilitarボックスをオンにします(有効)

5 下部で「 Portas de serviços comuns 」(共通サービスポート)を見て、右側のボックスをクリックして「 HTTP (80) 」を選択します

6 Adicionar para 」(追加)をクリックしますAdicionar para 1は、使用している最初の行用です

7 Salvar 」(保存)を押します



Intelbras WRN 150 Step 8

8 これがどのように表示されるかを次に示します。「 Sistema 」(システム)をクリックします



Intelbras WRN 150 Steps 9-10

9 Reiniciar 」(再起動)に移動します

10 Reiniciar 」を押します(再起動)

これで、コンピューターのポート転送が構成されました!

Intelbras WRN 150のポート転送を有効にしますIntelbras WRN 150のポート転送のアクティベーションに関する説明