cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。
新製品! cFosSpeedのメーカーが作りました: cFos EVSE

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

キーボードのLEDでトラフィックシェーピングの情報を表示する

cFosSpeedは、Num LockおよびScroll Lock LEDを使用して、現在のインターネットトラフィックに関する情報を表示できます。これは、ゲーマーやcFosSpeedステータスウィンドウを表示できないフルスクリーンアプリケーションのユーザーにとって特に便利です。キーボードLEDを使用すると、最も重要なトラフィック統計が示されます。

ping:
オフ、正常=低速の点滅、異常=速い点滅 ping時間が長すぎる場合は警告します。
pcnt:
パケットがカウントされるときの高速点滅
インターネットへの/からのトラフィックについて通知します
ts_effect:
TXパケットが優先される場合、トラフィックシェーピングの効果により高速点滅します。
speed:
total_rx_speed と total_tx_speedの最大値, 0-32%: オフ、 33-65%: 低速点滅、 66-98%: 高速点滅99-100%: オン 帯域幅の使用が多い場合には通知します。
ccnt:
TCP 接続と UDP接続の合計値が変わるたびに高速点滅 新規接続の情報は随時入手できます。
variance:
0-15ms: オフ、 16-127ms: 低速点滅、 128-511ms: 高速点滅、 512ms以上:オン 回線状況(モバイル接続など)が悪化した場合は通知します。


Num LockおよびScroll Lock LEDを選択して、上記の値のいずれかを表示できます。

ヒント: キーボードLEDを制御するため javaScriptを使用しています。他の変数を表示したり、異なるLED点滅スキームを使用したい場合は、ご自由に変更してください。