cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーム製品の公式インターネットアクセラレータです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

cFosエージェント

cFosエージェント

ボイラープレート

cFos Software GmbH、ボン(ドイツ)は、1993年以来、Windows用の通信ソフトウェアとカーネルモードネットワークドライバーを開発しています。 当社の製品には、ブロードバンドインターネット用の高度なトラフィックシェーピングソフトウェアであるcFosSpeed、パーソナルWebおよびクラウドサーバー、cFos IPv6リンク、IPv6ダイヤルアップドライバー&ソフトウェアルーター、高性能DSLであるcFos / cFos Broadband Connectが含まれます。およびISDNダイヤルアップドライバー。

コンタクト / サポート

サポートリクエストまたはお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

法的通知

TDG(ドイツテレサービス法)に基づく情報:

www.cfos.deおよびwww.cfosspeed.deを担当するサービスプロバイダーはcFos Software GmbHで、NordstrのオーナーマネージャーChristophLüdersおよびMartin Winklerが代表を務めています。 65a、53111 Bonn、電話:+49 2287669826、登録簿エントリ:Bonn、HRB 9150; UStID / Vat-No .: DE813105998、メール:

cFos®は登録商標です。

個人情報保護方針

私達はあなたが私達の企業に興味を示したことを非常に嬉しく思います。データ保護は、cFos Software GmbHの管理において特に優先されます。 cFos Software GmbHのインターネットページの使用は、個人データの表示なしに可能です。ただし、データ主体が当社のWebサイトを介して特別なエンタープライズサービスを利用したい場合、個人データの処理が必要になる可能性があります。個人データの処理が必要であり、そのような処理の法的根拠がない場合、当社は通常データ主体から同意を得ます。

データサブジェクトの名前、住所、電子メールアドレス、電話番号などの個人データの処理は、常に各国固有のデータ保護に従って、一般データ保護規則(GDPR)に準拠するものとします。 cFos Software GmbHに適用される規制。このデータ保護宣言を使用して、当社の企業は、収集、使用、処理する個人データの性質、範囲、目的を一般の人々に通知したいと考えています。さらに、データ主体には、このデータ保護宣言によって、権利が与えられている権利が通知されます。

cFos Software GmbHは、管理者として、このWebサイトを通じて処理された個人データを最も完全に保護するために、数多くの技術的および組織的な対策を講じています。ただし、インターネットベースのデータ伝送には原則としてセキュリティギャップがあるため、絶対的な保護が保証されない場合があります。このため、すべてのデータ主体が、電話などの代替手段を介して個人データを自由に私たちに転送することができます。

  1. 定義

    cFos Software GmbHのデータ保護宣言は、一般データ保護規則(GDPR)の採用に関してヨーロッパの立法者によって使用されている用語に基づいています。私たちのデータ保護宣言は、私たちの顧客やビジネスパートナーだけでなく、一般大衆にとっても読みやすく理解しやすいものでなければなりません。これを確実にするために、私達は最初に使用される専門用語を説明したいと思います。

    このデータ保護宣言では、特に以下の用語を使用します。

    • a)個人データ

      個人データとは、識別された、または識別可能な自然人に関するあらゆる情報を意味します(「データ主体」)。識別可能な自然人とは、特に名前、識別番号、位置データ、オンラインの識別名などの識別名、または身体的、生理学的、身体的特徴に固有の1つ以上の要因を参照することによって直接的または間接的に識別できるものである。その自然人の遺伝的、精神的、経済的、文化的または社会的アイデンティティ。

    • b)データ主体

      データの主体は、識別された、または識別可能な任意の自然人であり、その個人データは処理を担当する管理者によって処理されます。

    • c)処理

      処理とは、収集、記録、整理、構造化、保管、改造、改造、検索、相談、使用などの自動化された手段によって行われるかどうかにかかわらず、個人データまたは個人データに対して行われるあらゆる操作または一連の操作です。伝達、頒布、またはその他の方法で利用可能にすること、アラインメントまたは組み合わせ、制限、消去または破壊。

    • d)処理制限

      処理の制限は、将来の処理を制限することを目的とした、保存された個人データのマーキングです。

    • e)プロファイリング

      プロファイリングとは、個人に関する特定の個人的な側面を評価するため、特にその自然な個人の職場でのパフォーマンス、経済状況、健康、個人的な嗜好に関する側面を分析または予測するための個人データの使用からなる個人データの自動処理を意味します。 、興味、信頼性、行動、場所や動き。

    • f)仮説

      偽造防止とは、追加情報を使用せずに個人データを特定のデータ主体に帰属させることができなくなるように個人データを処理することです。個人データは、識別された、または識別可能な自然人に起因するものではありません。

    • g)処理を担当するコントローラまたはコントローラ

      処理を担当する管理者または管理者は、個人データの処理の目的および手段を単独または他の者と共同で決定する、自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の団体です。そのような処理の目的および手段が連合または加盟国の法律によって決定される場合、管理者またはその指名のための特定の基準は、連合または加盟国の法律によって規定される場合があります。

    • h)プロセッサ

      プロセッサは、管理者に代わって個人データを処理する自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の団体です。

    • i)受取人

      受領者は、第三者であるかどうかにかかわらず、個人データが開示される自然人または法人、公的機関、機関、またはその他の団体です。ただし、連合または加盟国の法律に従って特定の照会の枠内で個人データを受け取る可能性がある公的機関は、受領者と見なされません。これらの公的機関によるこれらのデータの処理は、処理の目的に応じて適用可能なデータ保護規則に準拠するものとします。

    • j)第三者

      第三者とは、データ主体、管理者、処理者、および管理者または処理者の直接の権限の下で個人データを処理する権限を与えられている者以外の、自然人または法人、公的機関、機関、機関です。

    • k)同意

      データ主体の同意は、声明または明確な肯定的行為によって、データ主体の希望を自由に与えられた、具体的な、情報に基づいた、そして明白な指示であれば、自分に関する個人データの処理に対する同意を意味します。 。

  2. コントローラの名前とアドレス

    一般データ保護規則(GDPR)、欧州連合加盟国に適用されるその他のデータ保護法、およびデータ保護に関連するその他の規定のための管理者は、次のとおりです。

    cFos Software GmbH
    Nordstr. 65a
    53111 Bonn
    ドイツ
    電話番号:0228-7669826
    電子メール:helpcfos@cfos.de
    ウェブサイト:www.cfos.de

  3. クッキー

    cFos Software GmbHのインターネットページはクッキーを使用しています。クッキーは、インターネットブラウザを介してコンピュータシステムに保存されるテキストファイルです。

    多くのインターネットサイトおよびサーバーはクッキーを使用しています。多くのクッキーには、いわゆるクッキーIDが含まれています。クッキーIDはクッキーのユニークな識別子です。これは、インターネットページとサーバーを、Cookieが保存されている特定のインターネットブラウザに割り当てるための文字列で構成されています。これにより、訪れたインターネットサイトやサーバーは、他のクッキーを含む他のインターネットブラウザから、対象となる日付の個々のブラウザを区別することができます。特定のインターネットブラウザは、固有のCookie IDを使用して認識および識別できます。

    クッキーを使用することで、cFos Software GmbHは、このウェブサイトのユーザーに、クッキーを設定しないと不可能であったよりユーザーフレンドリーなサービスを提供することができます。

    クッキーにより、当社のウェブサイト上の情報やオファーはユーザーを念頭に置いて最適化することができます。前述のように、クッキーにより、当社は当社のウェブサイトユーザーを認識することができます。この認識の目的は、ユーザーが当社のWebサイトを利用しやすくすることです。クッキーを使用するウェブサイトユーザは、例えばウェブサイトがアクセスされる度にアクセスデータを入力する必要がない。なぜなら、これはウェブサイトによって引き継がれ、したがってクッキーはユーザのコンピュータシステムに格納されるからである。別の例は、オンラインショップのショッピングカートのクッキーです。オンラインストアは、顧客がクッキーを介して仮想ショッピングカートに入れた商品を記憶しています。

    データ主体は、いつでも、使用されているインターネットブラウザの対応する設定によって、当社のウェブサイトを通じたクッキーの設定を妨げる可能性があり、したがって、クッキーの設定を永久に拒否することがあります。さらに、すでに設定されているクッキーは、インターネットブラウザまたは他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除される可能性があります。これはすべての一般的なインターネットブラウザで可能です。データ主体が使用されているインターネットブラウザのクッキーの設定を無効にした場合、当社のウェブサイトのすべての機能が完全に使用可能になるとは限りません。

  4. 一般的なデータと情報の収集

    cFos Software GmbHのWebサイトは、データ主体または自動システムがWebサイトを呼び出すときに、一連の一般的なデータおよび情報を収集します。この一般的なデータと情報はサーバーのログファイルに保存されます。収集されるのは、(1)使用されているブラウザの種類とバージョン、(2)アクセスシステムが使用しているオペレーティングシステム、(3)アクセスシステムが当社のWebサイトにアクセスするWebサイト(いわゆる参照元)、(4)サブです。 - ウェブサイト、(5)インターネットサイトへのアクセス日時、(6)インターネットプロトコルアドレス(IPアドレス)、(7)アクセスシステムのインターネットサービスプロバイダ、および(8)その他の同様のデータ当社の情報技術システムへの攻撃の際に使用される可能性のある情報。

    これらの一般的なデータおよび情報を使用する場合、cFos Software GmbHはデータの主題に関する結論を導きません。むしろ、この情報は、(1)当社のウェブサイトのコンテンツを正しく配信する、(2)当社のウェブサイトのコンテンツおよびその広告を最適化する、(3)当社の情報技術システムおよびウェブサイト技術の長期的な存続を保証するために必要です。 (4)サイバー攻撃の場合には、法執行当局に刑事訴追に必要な情報を提供する。したがって、cFos Software GmbHは、匿名で収集されたデータおよび情報を統計的に分析し、企業のデータ保護とデータセキュリティを向上させ、処理する個人データに対して最適なレベルの保護を保証します。サーバーログファイルの匿名データは、データ主体によって提供されるすべての個人データとは別に保存されます。

  5. 当社Webサイトへの登録

    データ主体は、個人データを表示して管理者のウェブサイトに登録する可能性があります。どの個人データがコントローラに送信されるかは、登録に使用されるそれぞれの入力マスクによって決定される。データ主体によって入力された個人データは、コントローラによる内部使用のために、そして彼自身の目的のためにもっぱら収集されそして格納される。コントローラは、コントローラに起因する内部目的のために個人データも使用する1つまたは複数のプロセッサ(たとえば小包サービス)への転送を要求することができる。

    コントローラのWebサイトに登録することにより、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によって割り当てられ、データ主体によって使用されるIPアドレス、登録の日付と時刻も保存されます。このデータの保存は、これが当社のサービスの悪用を防止し、必要に応じて犯罪を捜査することを可能にする唯一の方法であるという背景に照らして行われます。その限りにおいて、このデータの保存はコントローラを保護するために必要です。このデータは、データを譲渡する法的義務がある場合、または譲渡が刑事訴追の目的にかなう場合を除き、第三者に譲渡されません。

    個人データの任意表示によるデータ主体の登録は、問題の性質上、登録ユーザーにのみ提供される可能性のあるデータ主体のコンテンツまたはサービスをコントローラが提供できるようにすることを目的としています。登録者は、登録時に指定された個人データをいつでも自由に変更したり、コントローラのデータストックから完全に削除したりすることができます。

    データ管理者は、いつでも、データ主体についてどの個人データが保存されているかについて、各データ主体に要求に応じて情報を提供するものとします。さらに、データ管理者は、法定保存義務がない限り、データ主体の要求または指示により個人データを修正または消去するものとします。このデータ保護宣言で特に指定されたデータ保護責任者、および管理者の従業員全員は、この点でデータ担当者として利用できます。

  6. ニュースレターの購読

    cFos Software GmbHのウェブサイトでは、ユーザーに当社のニュースレターを購読する機会が与えられます。この目的で使用される入力マスクは、ニュースレターがコントローラから注文されたときだけでなく、どの個人データが送信されるのかを決定します。

    cFos Software GmbHは、企業のオファーに関するニュースレターを使用して、顧客およびビジネスパートナーに定期的に通知します。企業のニュースレターは、(1)データ主体が有効なEメールアドレスを持っていて、(2)データ主体がニュースレターの発送を登録している場合にのみ、データ主体によって受信される可能性があります。確認の電子メールは、法的な理由により、二重のオプトイン手続きで、ニュースレターの発送のために初めてデータ主体によって登録された電子メールアドレスに送信されます。この確認Eメールは、データの件名であるEメールアドレスの所有者がニュースレターの受信を許可されているかどうかを証明するために使用されます。

    ニュースレターの登録中に、インターネットサービスプロバイダ(ISP)によって割り当てられ、登録時にデータ主体が使用していたコンピュータシステムのIPアドレスと登録日時も保存します。このデータの収集は、後日データ主体の電子メールアドレスの(可能性のある)誤用を理解するために必要であり、それ故にそれはコントローラの法的保護の目的に役立つ。

    ニュースレターの登録の一部として収集された個人データは、ニュースレターの送信にのみ使用されます。さらに、ニュースレターの申し込みが変更された場合には、ニュースレターサービスの運営または問題の登録に必要な限り、ニュースレターの購読者にEメールで通知することができます。または技術的状況に変化があった場合。ニュースレターサービスによって収集された個人データが第三者に転送されることはありません。ニュースレターの購読は、データの件名によっていつでも終了することがあります。データ主体がニュースレターを発送するために与えた個人データの保存に対する同意はいつでも取り消すことができます。同意の取り消しを目的として、対応するリンクが各ニュースレターにあります。ニュースレターの購読をコントローラのWebサイトで直接いつでも解除することも、これを別の方法でコントローラに通知することもできます。

  7. ニュースレターの追跡

    cFos Software GmbHのニュースレターには、いわゆるトラッキングピクセルが含まれています。追跡ピクセルは、ログファイルの記録と分析を可能にするためにHTML形式で送信される、そのような電子メールに埋め込まれた小型のグラフィックです。これにより、オンラインマーケティングキャンペーンの成功または失敗の統計分析が可能になります。埋め込まれた追跡ピクセルに基づいて、cFos Software GmbHは、電子メールがデータ主体によって開かれたかどうか、またいつ開かれたか、および電子メール内のどのリンクがデータ主体によって呼び出されたかを確認できます。

    ニュースレターに含まれる追跡ピクセルに収集されたそのような個人データは、ニュースレターの発送を最適化し、さらに将来のニュースレターの内容をデータ主体の利益により良く適合させるために、コントローラによって記憶および分析される。これらの個人データは第三者に渡されることはありません。データ主体は、ダブルオプトイン手続きによって発行されたそれぞれの個別の同意宣言をいつでも取り消すことができます。失効後、これらの個人データは管理者によって削除されます。 cFos Software GmbHは、ニュースレターの受信からの撤退を自動的に失効と見なします。

  8. ウェブサイトによる連絡の可能性

    cFos Software GmbHのWebサイトには、企業への迅速な電子連絡、および当社との直接通信を可能にする情報が含まれています。これには、いわゆる電子メールの一般アドレス(電子メールアドレス)も含まれます。データ主体が電子メールまたは連絡フォームを介してコントローラに連絡すると、データ主体によって送信された個人データが自動的に保存されます。データ管理者のデータ主体によって任意に送信されたそのような個人データは、データ主体を処理または連絡する目的で格納される。この個人データを第三者に転送することはありません。

  9. 個人データの日常的な消去とブロック

    データ管理者は、保存の目的を達成するのに必要な期間、またはそれが管理者が対象とする法律または規制において欧州の立法者または他の立法者によって許可されている限りにおいてのみ、データ主体の個人データを処理および保存するものとする。に。

    保存目的が適用されない場合、または欧州の立法者または他の適任の立法者によって規定された保存期間が満了した場合、個人データは法的要件に従って定期的にブロックまたは消去されます。

  10. データ主体の権利

    • a)確認権

      各データ主体は、彼または彼女に関する個人データが処理されているかどうかについての確認をコントローラーから取得するために、欧州の立法者によって付与された権利を有するものとします。データ主体がこの確認権を利用したい場合は、いつでも、当社のデータ保護責任者または管理者の別の従業員に連絡することができます。

    • b)アクセス権

      各データ主体は、いつでも保存された彼または彼女の個人データに関する自由な情報とこの情報のコピーをコントローラーから入手するためにヨーロッパの立法者によって与えられた権利を持つものとします。さらに、欧州の指令および規制により、データ主体は以下の情報にアクセスすることができます。

      • 処理の目的
      • 関係する個人データのカテゴリ
      • 個人データが開示された、または開示される予定の受信者または受信者のカテゴリ、特に第三国または国際機関の受信者
      • 可能であれば、個人データが保存される予定期間、または不可能な場合はその期間を決定するために使用される基準。
      • 個人データの修正または消去をコントローラに要求する権利、またはデータ主体に関する個人データの処理の制限、またはそのような処理に反対する権利の存在。
      • 監督当局に苦情を申し立てる権利の存在。
      • 個人データがデータ主体から収集されていない場合、その出所に関して入手可能な情報。
      • GDPRの第22条(1)および(4)で言及されているプロファイリングを含む自動化された意思決定の存在、および少なくともそれらの場合には、関与する論理についての意味のある情報、ならびにその意義および想定される結果データ主体のためのそのような処理。

      さらに、データ主体は、個人データが第三国に転送されるのか、国際機関に転送されるのかに関する情報を取得する権利を有するものとします。この場合、データ主体は、譲渡に関連する適切な保護措置について知らされる権利を有するものとします。

      データ主体がこのアクセス権を利用したい場合は、いつでも当社のデータ保護責任者または管理者の別の従業員に連絡することができます。

    • c)修正の権利

      各データ主体は、過度に遅れることなく、彼または彼女に関する不正確な個人データの修正を遅らせることなく、管理者から取得するために欧州の立法者によって与えられる権利を有するものとします。処理の目的を考慮して、データ主体は補足的な声明を提供することを含め、不完全な個人データを完成させる権利を有するものとします。

      データ主体が修正のためにこの権利を行使したい場合は、いつでも、当社のデータ保護責任者または管理者の別の従業員に連絡することができます。

    • d)消去する権利(忘れられる権利)

      各データ主体は、過度の遅滞なく、彼または彼女に関する個人データの消去を管理者から取得する権限をヨーロッパの立法者が付与するものとし、次のいずれかの理由により、管理者は個人データを遅滞なく消去する義務を負うものとします。処理が不要である限り適用されます。

      • 個人データは、収集された目的または処理された目的に関連してもはや必要ではありません。
      • データ主体は、GDPRの第6条(1)の(a)、またはGDPRの第9条(2)の(a)に従ってその他の法的根拠がない場合には、処理の基礎となる同意を取り下げる。処理のため。
      • データの対象はGDPRの第21条(1)に従った処理の対象であり、処理のための最優先の正当な根拠もGDPRの第21条(2)に従った処理の対象となるデータの対象もありません。
      • 個人データは違法に処理されました。
      • 個人データは、管理者が対象としている連合または加盟国の法律の法的義務を遵守するために消去する必要があります。
      • 個人データは、GDPRの第8条(1)に記載されている情報社会サービスの提供に関連して収集されています。

      上記の理由の1つが当てはまり、データ主体がcFos Software GmbHによって保存された個人データの消去を要求したい場合、彼または彼女はいつでも私達のデータ保護責任者または管理者の他の従業員に連絡することができます。消去要求が直ちに遵守されていることをcFos Software GmbHのデータ保護責任者または他の従業員が速やかに確認するものとします。

      管理者が個人データを公表し、第17条(1)に従って個人データを消去する義務を負っている場合、利用可能な技術と実施の費用を考慮して、管理者は他の人に知らせるために適切な手段を講じなければならない。処理を必要としない限り、データ主体がこれらの個人データへのリンク、またはそれらの個人データのコピーまたは複製を消去することを要求した個人データを処理するコントローラー。 cFos Software GmbHのデータ保護責任者または他の従業員が個々の場合に必要な措置を取り決めるでしょう。

    • e)処理制限の権利

      各データ主体は、次のいずれかに該当する場合には、欧州の立法者によって、管轄官庁から処理の制限を受ける権利を有するものとします。

      • コントローラが個人データの正確さを検証することを可能にする期間、個人データの正確さはデータ主体によって争われる。
      • 処理は違法であり、データ主体は個人データの消去に反対し、代わりにそれらの使用の制限を要求します。
      • 管理者は、処理の目的で個人データを必要としなくなりましたが、法的請求の確立、行使または弁護のためにデータ主体によって必要とされています。
      • データ主体は、コントローラーの正当な根拠がデータ主体の正当な根拠に優先するかどうかの検証を待つ間、GDPRの第21条(1)に従った処理に異議を唱えました。

      上記の条件の1つが満たされ、データ主体がcFos Software GmbHによって保存された個人データの処理の制限を要求したい場合、彼または彼女はいつでも私達のデータ保護責任者または管理者の別の従業員に連絡することができます。 cFos Software GmbHのデータ保護責任者または他の従業員が処理の制限を調整します。

    • f)データの移植性に対する権利

      各データ主体は、構造化された一般的に使用され機械読み取り可能なフォーマットで、コントローラに提供された彼または彼女に関する個人データを受信するために、欧州の立法者によって付与された権利を有するものとします。個人データが提供された管理者からの妨害を受けることなく、そのデータが他の管理者に送信される権利を有するものとします。 GDPRまたはGDPRの第9条(2)のポイント(a)、あるいはGDPRの第6条(1)のポイント(b)に従った契約に基づき、処理が自動化された手段によって行われる限り、この処理は、公益のために、または管轄官庁に帰属する公的権限の行使のために実行されるタスクの実行には必要ありません。

      さらに、GDPRの第20条(1)に従ってデータの携帯性に対する権利を行使する際に、データ主体は、技術的に可能であり、そうしない場合には、個人データをあるコントローラから別のコントローラに直接送信する権利を有する。他者の権利や自由に悪影響を及ぼす。

      データの移植性に関する権利を主張するために、データ主体はいつでもcFos Software GmbHまたは他の従業員によって指定されたデータ保護責任者に連絡することができます。

    • g)反対する権利

      各データ主体は、ヨーロッパの立法者によって、自分の特定の状況に関連して、いつでも、その個人に関する個人データの処理に反対する権利を有するものとします。 GDPR第6条第1項のこれは、これらの規定に基づくプロファイリングにも当てはまります。

      cFos Software GmbHは、データ主体の利益、権利および自由を無効にする処理、またはその確立、行使、または擁護のために説得力のある正当な根拠を証明できない限り、異議があった場合に個人データを処理しません。法的請求

      cFos Software GmbHがダイレクトマーケティング目的で個人データを処理する場合、データ主体はいつでもそのようなマーケティングのために彼または彼女に関する個人データの処理に反対する権利を有するものとします。これは、そのようなダイレクトマーケティングに関連している範囲でプロファイリングに適用されます。データ主体がcFos Software GmbHにダイレクトマーケティング目的の処理に反対する場合、cFos Software GmbHはこれらの目的のために個人データを処理しません。

      さらに、データ主体は、自分の特定の状況に関連して、科学的または歴史的な研究目的、または第4条に基づく統計目的で、cFos Software GmbHによる自分に関する個人データの処理に反対する権利を有します。ただし、公共の利益のために行われる業務の遂行に必要な場合を除き、GDPRの89(1)に規定されている。

      異議を申し立てる権利を行使するために、データ主体はcFos Software GmbHのデータ保護責任者または他の従業員に直接連絡することができます。また、データ主体は、情報社会サービスの利用の状況であり、指令2002にもかかわらず無料です/58/技術仕様を使って自動化された手段により異議を彼または彼女の右を使用して、EC。

    • h)プロファイリングを含む自動化された個々の意思決定

      各データ主体は、決定を下す限り、プロファイリングを含む自動処理のみに基づく決定を受けない、または同様に重大な影響を与える限り、欧州の立法者によって付与される権利を有するものとします。 (1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要ではない、または(2)管理主体が適用され、かつ適用される連合または加盟国の法律により承認されていないデータ主体の権利、自由、および正当な利益を保護するための適切な措置を講じる、または(3)データ主体の明示的な同意に基づいていない。

      (1)データ主体とデータ管理者との間の契約の締結または履行に必要な決定、または(2)データ主体の明示的な同意に基づく決定である場合、cFos Software GmbHは適切な措置を講じます。データ主体の権利と自由、正当な利益、少なくとも管理者側での人間の介入を得る権利を保護し、彼または彼女の視点を表明し、その決定に異議を申し立てる権利。

      データ主体が自動化された個人的な意思決定に関する権利を行使する場合は、いつでも直接cFos Software GmbHのデータ保護責任者または管理者の別の従業員に直接連絡することができます。

    • i)データ保護同意を撤回する権利

      各データ主体は、いつでも彼または彼女の個人データの処理に対する彼または彼女の同意を撤回するためにヨーロッパの立法者によって与えられた権利を持つものとします。

      データ主体が同意を撤回する権利を行使したい場合、彼または彼女はいつでも直接cFos Software GmbHのデータ保護責任者または管理者の別の従業員に連絡することができます。

  11. Facebookのアプリケーションおよび使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーは企業のFacebookのコンポーネントを統合しています。 Facebookはソーシャルネットワークです。

    ソーシャルネットワークは、インターネット上のソーシャルミーティングのための場所です。オンラインコミュニティでは、通常、ユーザーは互いにコミュニケーションをとり、仮想空間で対話できます。ソーシャルネットワークは、意見や経験を交換するためのプラットフォームとして機能したり、インターネットコミュニティが個人情報やビジネス関連の情報を提供することを可能にします。 Facebookでは、ソーシャルネットワークのユーザーがプライベートプロフィールの作成、写真のアップロード、友達のリクエストによるネットワークの作成を行うことができます。

    Facebookの運営会社は、アメリカ合衆国、カリフォルニア94025、Menlo Parkの1 Hacker WayであるFacebook、Inc.です。個人がアメリカ合衆国またはカナダ以外に住んでいる場合、コントローラーはFacebook Ireland Ltd.、4 Grand Canal Square、Grand Canal Harbour、Dublin 2、Irelandです。

    このインターネットWebサイトの個々のページの1つへの呼び出しごとに、それはコントローラによって操作され、Facebookコンポーネント(Facebookプラグイン)が統合されています。データ主体の情報技術システム上のWebブラウザは次のとおりです。 Facebookコンポーネントから、Facebookから対応するFacebookコンポーネントの表示をダウンロードするように自動的に促されます。すべてのFacebookプラグインの概要はhttps://developers.facebook.com/docs/plugins/ます。この技術的手続きの過程で、Facebookはデータの主題によって私達のウェブサイトのどの特定のサブサイトが訪問されたかを知っています。

    データ主体がFacebookに同時にログインした場合、Facebookはデータ主体による当社のWebサイトへのすべての呼び出しで、そして当社のインターネットサイトに滞在している間ずっと、当社のインターネットの特定のサブサイトを検出します。データ主体がこのページを訪れました。この情報はFacebookコンポーネントを通じて収集され、データ主体のそれぞれのFacebookアカウントに関連付けられます。データ主体が当社のWebサイトに統合されているFacebookのボタンの1つ、たとえば「いいね」ボタンをクリックするか、データ主体がコメントを送信すると、Facebookはこの情報をデータ主体の個人Facebookユーザーアカウントと照合して保存します。個人データ。

    Facebookは、当社のWebサイトへの呼び出し時にデータ主体がFacebookに同時にログインしているときはいつでも、常にFacebookコンポーネントを通じて、データ主体による当社のWebサイトへの訪問に関する情報を受信します。これは、データ主体がFacebookコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。そのようなFacebookへの情報の送信がデータ主体にとって望ましくない場合は、当社のWebサイトへの呼び出しが行われる前に、Facebookのアカウントからログオフすることでこれを防ぐことができます。

    Facebookによって公開されているデータ保護ガイドラインは、https://facebook.com/about/privacy/、Facebookによる個人データの収集、処理、および使用に関する情報を提供します。さらに、データ主体のプライバシーを保護するためにFacebookが提供する設定オプションについても説明しています。さらに、フェイスブックへのデータ送信を排除することを可能にするために、異なる設定オプションが利用可能にされる。例えば、プロバイダウェブグラフのフェイスブックブロッカーは、http://webgraph.com/resources/facebookblocker/下で取得され得る。これらのアプリケーションは、Facebookへのデータ送信を排除するためにデータ主体によって使用される可能性があります。

  12. Google AdSenseの適用および使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーはGoogle AdSenseを統合しました。 Google AdSenseは、第三者のサイトに広告を掲載することを可能にするオンラインサービスです。 Google AdSenseは、それぞれのサードパーティサイトのコンテンツと一致するようにサードパーティサイトに表示される広告を選択するアルゴリズムに基づいています。 Google AdSenseでは、インターネットユーザーをインタレストベースでターゲティングできます。これは、個々のユーザープロファイルを生成することによって実装されます。

    GoogleのAdSenseコンポーネントの運営会社は、米国カリフォルニア州94043-1351、マウンテンビューの1600 Amphitheater Pkwy、Alphabet Inc.です。

    GoogleのAdSenseコンポーネントの目的は、ウェブサイトに広告を統合することです。 Google AdSenseの起動方法により、サイトにCookieは配置されません。クッキーの定義は上記で説明されています。このインターネットサイトの個々のページの1つが呼び出されるたびに、コントローラーが操作し、Google AdSenseコンポーネントが統合され、データ主体の情報技術システム上のインターネットブラウザーは、オンライン広告およびAlphabet Incへのコミッションの決済を目的としたGoogle AdSenseコンポーネント。この技術手順の過程で、Alphabet Inc.は、Alphabetにサービスを提供するデータ主体のIPアドレスなどの個人データの知識を獲得します。とりわけ、訪問者とクリックの起源を理解し、その後コミッション決済を作成するために。

    さらに、Google AdSenseもいわゆるトラッキングピクセルを使用しています。トラッキングピクセルは、ログファイルの記録とログファイルの分析を可能にするためにウェブページに埋め込まれたミニチュアグラフィックであり、それを介して統計分析を実行することができます。埋め込まれたトラッキングピクセルに基づいて、Alphabet Inc.はウェブサイトがデータ主体によって開かれたかどうか、そしていつ開かれたか、そしてどのリンクがデータ主体によってクリックされたかを決定することができます。トラッキングピクセルは、とりわけ、Webサイト上の訪問者の流れを分析するのに役立ちます。

    Google AdSenseを介して、IPアドレスを含み、表示された広告の収集と課金に必要な個人データと情報が、アメリカ合衆国のAlphabet Inc.に送信されます。これらの個人情報は、アメリカ合衆国内で保管および処理されます。 Alphabet Inc.は、この技術的手続きを通じて収集した個人データを第三者に開示することがあります。

    Google AdSenseの詳細については、https://www.google.com/intl/ja/adsense/start/。

  13. Googleアナリティクスの適用および使用に関するデータ保護規定(匿名化機能付き)

    このウェブサイトでは、コントローラーはグーグルアナリティクスのコンポーネント(アノニマイザー機能付き)を統合しました。 Google Analyticsはウェブ解析サービスです。 Web分析は、Webサイトへの訪問者の行動に関するデータの収集、収集、および分析です。ウェブ分析サービスは、とりわけ、人が来たウェブサイト(いわゆる参照者)、どのサブページが訪問されたか、またはサブページが閲覧された頻度および期間についてのデータを収集する。 Web分析は、主にWebサイトの最適化やインターネット広告の費用対効果分析を実行するために使用されます。

    グーグルアナリティクスコンポーネントのオペレータは、グーグル社、1600アンフィシアターパークウェイ、マウンテンビュー、カリフォルニア94043−1351、アメリカ合衆国である。

    Google Analyticsによるウェブ解析の場合、コントローラはアプリケーション "_gat。_anonymizeIp"を使用します。このアプリケーションを使用して、データ主体のインターネット接続のIPアドレスがGoogleによって短縮され、欧州連合の加盟国または他の締約国から欧州経済地域に関する協定に当社のウェブサイトにアクセスする際に匿名化されます。

    Google Analyticsコンポーネントの目的は、当社のウェブサイト上のトラフィックを分析することです。 Googleは、収集したデータおよび情報を特に使用して、当社のWebサイトの使用を評価し、当社のWebサイトでの活動を示すオンラインレポートを提供し、また当社のインターネットサイトの使用に関するその他のサービスを提供します。

    Googleアナリティクスの呼び出し方法により、サイトにCookieは配置されません。クッキーの定義は上記で説明されています。このインターネットサイトの個々のページの1つを呼び出すたびに、コントローラーが操作し、Googleアナリティクスコンポーネントが統合され、データ主体の情報技術システムのインターネットブラウザーが自動的にデータを送信します。オンライン広告とGoogleへの手数料の決済を目的としたGoogle Analyticsコンポーネント。この技術手順の過程で、企業のGoogleは、特に訪問者とクリックの発生源を理解し、その後手数料決済を作成するためにGoogleに役立つデータ主体のIPアドレスなどの個人情報の知識を獲得します。

    さらに、データ主体は、グーグルアナリティクスによって生成されたこのウェブサイトの使用、グーグルによるこのデータの処理およびそのようなことを排除する機会に関連するデータの収集に反対する可能性があります。 。この目的のために、データ主体はリンクhttps://tools.google.com/dlpage/gaoptoutの下にあるブラウザアドオンをダウンロードしてインストールする必要があります。このブラウザアドオンは、JavaScriptを通じてGoogle Analyticsに伝えます。インターネットページの訪問に関するデータや情報は、Google Analyticsに送信されない可能性があります。ブラウザアドオンのインストールは、Googleによる異議と見なされます。データ主体の情報技術システムが後で削除、フォーマット、または新しくインストールされた場合、データ主体はGoogle Analyticsを無効にするためにブラウザアドオンを再インストールする必要があります。ブラウザのアドオンがデータの主体、または彼らの能力範囲に起因するか無効になっているその他の人物によってアンインストールされた場合、ブラウザのアドオンの再インストールまたは再有効化を実行することが可能です。

    Googleの詳細情報および該当するデータ保護規定は、https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/およびhttp://www.google.com/analytics/terms/usにあります。 HTML Google Analyticsについては、次のリンクhttps://www.google.com/analytics/さらに詳しく説明しています。

  14. Google+のアプリケーションと使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーはGoogle+ボタンをコンポーネントとして統合しました。 Google+は、いわゆるソーシャルネットワークです。ソーシャルネットワークは、インターネット上のソーシャル出会いの場、オンラインコミュニティであり、通常はユーザーが互いにコミュニケーションをとり、仮想空間で対話することを可能にします。ソーシャルネットワークは、意見や経験を交換するためのプラットフォームとして機能したり、インターネットコミュニティが個人情報やビジネス関連の情報を提供することを可能にします。 Google+では、ソーシャルネットワークのユーザーがプライベートプロフィールの作成、写真のアップロード、友達のリクエストによるネットワークを許可します。

    グーグルプラスの運営会社はグーグル社、カリフォルニア州94043-1351、マウンテンビュー、1600アンフィシアターパークウェイ。

    コントローラによって操作され、Google+ボタンが統合されているこのウェブサイトの個々のページの1つへの各呼び出しと共に、データ主体の情報技術システム上のインターネットブラウザは自動的に対応するものの表示をダウンロードする。それぞれのGoogle+ボタンコンポーネントを介したGoogleのGoogle+ボタン。この技術的手続きの過程で、Googleは当社のウェブサイトのどの特定のサブページがデータ主体によって訪問されたかを認識しています。 Google+の詳細については、https://developers.google.com/+/。

    データ主体が同時にGoogle+にログインした場合、Googleは、データ主体による当社のWebサイトへの呼び出しのたびに、および当社のインターネットサイトに滞在している間ずっと、特定のサブページを認識します。インターネットのページはデータ主体によって訪問されました。この情報はGoogle+ボタンを介して収集され、Googleはこれをデータ主体に関連付けられたそれぞれのGoogle+アカウントと照合します。

    データ主体が当社のWebサイトに統合されているGoogle+ボタンをクリックしてGoogle+ 1の推奨事項を提示した場合、Googleはこの情報をデータ主体の個人用Google+ユーザーアカウントに割り当て、個人データを保存します。グーグルは、データ主体のグーグル+1推奨を保存し、これに関してデータ主体によって受け入れられた条件に従って公に利用可能にする。その後、このWebサイト上のデータ主体によって提供されたGoogle+ 1の推奨事項と、データ主体が使用するGoogle+アカウント名や保存された写真などの他の個人データは、検索エンジンなどの他のGoogleサービスに保存および処理されます。 Googleの検索エンジン、データの件名のGoogleアカウント、またはインターネットページなどの他の場所にある広告の結果。グーグルはまた、このウェブサイトへの訪問をグーグルに保存されている他の個人データとリンクさせることができる。 Googleはさらに、さまざまなGoogleサービスを改善または最適化する目的でこの個人情報を記録しています。

    Google+ボタンを介して、Googleは、当社のWebサイトへの呼び出し時にデータ主体がGoogle+にログインしている場合、データ主体が当社のWebサイトを訪問したという情報を受け取ります。これは、データ主体がGoogle+ボタンをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。

    データ主体がGoogleに個人データを送信したくない場合は、当社のウェブサイトに電話をかける前にGoogle+アカウントからログアウトすることにより、そのような送信を防ぐことができます。

    Googleの詳細情報およびデータ保護規定は、https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/で取得できます。 Google+ 1ボタンについてのGoogleからのより多くの参照はhttps://developers.google.com/+/web/buttons-policyの下で取得されるかもしれません。

  15. Instagramの使用および使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーはサービスInstagramのコンポーネントを統合しています。 Instagramは視聴覚プラットフォームとして認められるサービスで、ユーザーは写真やビデオを共有したり、他のソーシャルネットワークでそのようなデータを広めることができます。

    Instagramが提供するサービスの運営会社はInstagram LLC、1ハッカーウェイ、ビル14 1階、メンローパーク、カリフォルニア州、アメリカ合衆国です。

    コントローラによって操作され、Instagramコンポーネント(Instaボタン)が統合されているこのインターネットサイトの個々のページの1つに呼び出すたびに、データ主体の情報技術システム上のインターネットブラウザが自動的に促される。 Instagramの対応するInstagramコンポーネントの表示のダウンロードへ。この技術的手続きの過程で、Instagramはデータの主題によって私達のウェブサイトのどの特定のサブページが訪問されたかを認識するようになります。

    データの件名がInstagramに同時にログインされている場合、Instagramはデータの件名による当社のWebサイトへのすべての呼び出しで、そして当社のインターネットサイトに滞在している間ずっと、インターネットの特定のサブページを検出します。データ主体がこのページを訪れました。この情報はInstagramコンポーネントを通じて収集され、データ主体のそれぞれのInstagramアカウントに関連付けられます。データ主体が当社のWebサイトに統合されているInstagramのボタンの1つをクリックすると、Instagramはこの情報をデータ主体の個人用Instagramユーザーアカウントと照合し、個人データを保存します。

    Instagramは、Instagramコンポーネントを介して、データ主体が当社のWebサイトへの呼び出し時にInstagramでログインしていることを条件として、当社のWebサイトを訪問したという情報を受け取ります。これは、ユーザーがInstagramのボタンをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。 Instagramへのそのような情報の送信がデータ主体にとって望ましくない場合、彼または彼女は、当社のWebサイトへの呼び出しが行われる前に、Instagramアカウントからログオフすることによってこれを防ぐことができます。

    Instagramの詳細情報および該当するデータ保護規定は、https://help.instagram.com/155833707900388およびhttps://www.instagram.com/about/legal/privacy/で取得できます。

  16. Twitterの適用および使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーはTwitterのコンポーネントを統合しています。 Twitterは、ユーザーがいわゆる「つぶやき」、たとえば140文字以内の短いメッセージを公開して広めることができる、多言語で公にアクセス可能なマイクロブログサービスです。これらの短いメッセージは、Twitterにログオンしていない人も含め、誰でも利用できます。ツイートは、それぞれのユーザーのいわゆるフォロワーにも表示されます。フォロワーは、ユーザーのツイートをフォローする他のTwitterユーザーです。さらにTwitterでは、ハッシュタグ、リンク、またはリツイートを介して幅広いユーザーを対象とすることができます。

    Twitterの運営会社は、米国カリフォルニア州94103カリフォルニア州サンフランシスコのSuite 900 1355 Market StreetのTwitter、Inc.です。

    このインターネットサイトの個々のページの1つへの各呼び出しで、それはコントローラによって操作され、Twitterコンポーネント(Twitterボタン)が統合された、データ主体の情報技術システム上のインターネットブラウザは自動的に促される。 Twitterの対応するTwitterコンポーネントの表示をダウンロードする。 Twitterのボタンについての詳細はhttps://about.twitter.com/de/resources/buttonsにあります。この技術的な手順の過程で、Twitterはデータの主題によって私達のウェブサイトのどの特定のサブページが訪問されたかについての知識を得ます。 Twitterコンポーネントの統合の目的は、このWebサイトのコンテンツを再送信して、ユーザーがこのWebページをデジタルの世界に紹介し、訪問者数を増やすことができるようにすることです。

    データの件名がTwitterに同時にログインされている場合、Twitterはデータの件名による当社のWebサイトへの呼び出しのたびに、インターネットページの特定のサブページがインターネットのサイトに滞在している間ずっと検出します。データ主体によって訪問された。この情報はTwitterコンポーネントを介して収集され、データ主体のそれぞれのTwitterアカウントに関連付けられます。データ主体が当社のWebサイトに統合されているTwitterボタンの1つをクリックすると、Twitterはこの情報をデータ主体の個人用Twitterユーザーアカウントに割り当て、個人データを保存します。

    Twitterは、当社のWebサイトへの呼び出し時にデータの件名がTwitterにログインしているという条件で、データの件名が当社のWebサイトを訪問したという情報をTwitterコンポーネントを介して受け取ります。これは、ユーザーがTwitterコンポーネントをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。このようなTwitterへの情報の送信がデータ主体にとって望ましくない場合は、当社のWebサイトへの呼び出しが行われる前に、Twitterアカウントからログオフすることでこれを防ぐことができます。

    Twitterの該当するデータ保護規定には、https://twitter.com/privacy?lang = jaの下でアクセスできます。

  17. YouTubeのアプリケーションおよび使用に関するデータ保護規定

    このウェブサイトでは、コントローラーはYouTubeのコンポーネントを統合しています。 YouTubeは、ビデオ発行者がビデオクリップや他のユーザーを無料で設定できるインターネットビデオポータルで、無料で視聴、レビュー、コメントすることもできます。 YouTubeではあらゆる種類のビデオを公開できるため、フルムービーとテレビ放送の両方、ミュージックビデオ、予告編、およびインターネットポータル経由でユーザーが作成したビデオにアクセスできます。

    YouTubeの運営会社はYouTube、LLC、901 Cherry Ave.、San Bruno、CA 94066、アメリカ合衆国です。 YouTube LLCは、米国カリフォルニア州94043-1351のマウンテンビューにある1600 Amphitheater PkwyのGoogle Inc.の子会社です。

    このインターネットサイトの個々のページの1つへの各呼び出しで、それはコントローラーによって操作され、そしてYouTubeコンポーネント(YouTubeビデオ)が統合された、データ主体の情報技術システム上のインターネットブラウザは自動的に促される対応するYouTubeコンポーネントの表示をダウンロードする。 YouTubeの詳細については、https://www.youtube.com/yt/about/en/で入手できます。この技術的な手順の過程で、YouTubeとGoogleは、データの件名によって当社のWebサイトの特定のサブページが訪問されたことについての知識を得ます。

    データ主体がYouTubeにログインしている場合、YouTubeは、YouTubeビデオを含むサブページへの呼び出しごとに、そのデータ主体がインターネットサイトの特定のサブページにアクセスしたことを認識します。この情報はYouTubeとGoogleによって収集され、データの件名のそれぞれのYouTubeアカウントに割り当てられます。

    YouTubeおよびGoogleは、当社のWebサイトへの通話時にデータの件名がYouTubeにログインしている場合、そのデータの件名が当社のWebサイトを訪問したというYouTubeコンポーネントを通じて情報を受け取ります。これは、その人がYouTubeビデオをクリックしたかどうかにかかわらず発生します。このような情報をYouTubeやGoogleに送信することがデータ主体にとって望ましくない場合、当社のウェブサイトに電話をかける前にデータ主体が自分のYouTubeアカウントからログオフすると、配信が妨げられる可能性があります。

    HTTPSで入手可能なYouTubeのデータ保護規定://www.google.com/インターナショナル/EN/ポリシー/プライバシー/、YouTubeやGoogleによる個人情報の収集、処理、および使用に関する情報を提供します。

  18. DoubleClickの適用および使用に関するデータ保護規定

    このWebサイトでは、コントローラはGoogleのDoubleClickのコンポーネントを統合しています。 DoubleClickはGoogleの商標で、主に特別なオンラインマーケティングソリューションが広告代理店や出版社に販売されています。

    DoubleClickのグーグルによる運営会社はグーグル社、1600 Amphitheater Pkwy、マウンテンビュー、CA 94043-1351、アメリカ合衆国。

    DoubleClick by Googleは、表示回数、クリック数、またはその他のアクティビティが発生するたびにDoubleClickサーバにデータを送信します。これらの各データ転送は、データ主体のブラウザへのcookie要求を引き起こします。ブラウザがこのリクエストを受け付けると、DoubleClickはデータ主体の情報技術システムでクッキーを使用します。クッキーの定義は上で説明されています。クッキーの目的は広告の最適化と表示です。 Cookieは、とりわけ、ユーザー関連の広告を表示および配置したり、広告キャンペーンに関するレポートを作成または改善するために使用されます。さらに、クッキーは同じ広告が複数表示されるのを防ぐのに役立ちます。

    DoubleClickは、テクニカルプロセスを実行するために必要なCookie IDを使用します。たとえば、Cookie IDはブラウザに広告を表示するために必要です。 DoubleClickは、重複を避けるために、Cookie IDを使用してブラウザにすでに表示されている広告を記録することもあります。 DoubleClickがCookie IDを通じてコンバージョンを追跡することも可能です。たとえば、以前にDoubleClick広告が表示されたユーザーがコンバージョンを獲得した後、そのユーザーが同じインターネットブラウザを使用して広告主のWebサイトで購入した場合です。

    DoubleClickからのCookieには個人データは含まれていません。ただし、DoubleClick Cookieには追加のキャンペーンIDが含まれる場合があります。キャンペーンIDは、ユーザーが既に連絡を取っているキャンペーンを識別するために使用されます。

    コントローラによって操作され、DoubleClickコンポーネントが統合された、このWebサイトの個々のページの1つへの呼び出しごとに、データサブジェクトの情報技術システム上のインターネットブラウザは、それぞれのDoubleClickコンポーネントによって自動的に促されます。オンライン広告および手数料の請求を目的としてデータをGoogleに送信すること。この技術的手続きの過程で、Googleは手数料の計算にGoogleが使用する可能性があるすべてのデータに関する知識を得ます。グーグルは、とりわけ、データ主体が当社のウェブサイト上の特定のリンクをクリックしたことを理解するかもしれません。

    データ主体は、上記のように、使用されるウェブブラウザの対応する調整によって、いつでも当社のウェブサイトを通じたクッキーの設定を妨げる可能性があり、したがって恒久的にクッキーの設定を拒否することがあります。使用されるインターネットブラウザに対するそのような調整はまた、グーグルがデータ主体の情報技術システムにクッキーを設定することを妨げるであろう。さらに、すでにGoogleで使用されているCookieは、Webブラウザまたはその他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除することができます。

    さらなる情報とDoubleClickの該当するデータ保護規定は、GoogleのHTTPSでのDoubleClickの下に取得することがあります。//www.google.com/インターナショナル/EN/ポリシー/。

  19. 処理の法的根拠

    Art. 6(1) lit. a GDPRは、特定の処理目的について同意を得る処理操作の法的基盤として機能します。たとえば、商品の供給またはその他のサービスを提供するために処理操作が必要な場合など、データ主体が当事者である契約の履行のために個人データの処理が必要な場合、処理はArticle 6(1) lit. b GDPR基づくArticle 6(1) lit. b GDPR

    同じことが、例えば当社の製品またはサービスに関する問い合わせの場合など、契約前の措置を実行するために必要なそのような処理操作にも当てはまります。当社は、納税義務の履行など、個人データの処理が義務付けられている法的義務の対象となっており、処理はArt. 6(1) lit. c GDPR基づいていArt. 6(1) lit. c GDPR

    まれに、データ主体または別の自然人の重大な利益を保護するために、個人データの処理が必要になる場合があります。たとえば、訪問者が当社で負傷し、その名前、年齢、健康保険データ、またはその他の重要な情報を医師、病院、またはその他の第三者に伝えなければならない場合などです。その場合、処理はArt. 6(1) lit. d GDPRに基づきArt. 6(1) lit. d GDPR

    最後に、処理操作はArticle 6(1) lit. f GDPR基づいて行うことができますArticle 6(1) lit. f GDPR 。この法的根拠は、当社または第三者が追求する正当な利益の目的のために処理が必要な場合、そのような利益が利益によって上書きされる場合を除き、上記の法的根拠のいずれにも該当しない処理業務に使用されますまたは個人データの保護を必要とするデータ主体の基本的な権利と自由。このような処理作業は、欧州の立法者によって具体的に言及されているため、特に許可されています。彼は、データ主体がコントローラーのクライアントである場合、正当な利益が想定されると考えました(Recital 47 Sentence 2 GDPR)。

  20. 管理者または第三者によって追求された合法的利益

    個人データの処理がArticle 6(1) lit. f GDPR基づいている場合Article 6(1) lit. f GDPRの正当な利益は、すべての従業員と株主の幸福に有利に事業を遂行することです。

  21. 個人情報が保存される期間

    個人データの保存期間を決定するために使用される基準は、それぞれの法定保存期間です。その期間の満了後、対応するデータは、契約の履行または契約の開始に必要なくなった限り、定期的に削除されます。

  22. 法定または契約上の要件としての個人データの提供契約を結ぶために必要な要件個人データを提供することを目的としたデータの義務そのようなデータを提供しなかった場合に考えられる結果

    個人データの提供は法律で部分的に義務付けられている(税法など)か、または契約上の規定から生じる可能性があることを明らかにしています(契約相手に関する情報など)。データ主体が個人データを提供するという契約を締結する必要がある場合があります。個人データは後で処理する必要があります。たとえば、データ主体は、当社が彼または彼女との契約に署名するときに、当社に個人データを提供する義務を負います。個人データが提供されていないと、データ主体との契約を締結することができない可能性があります。

    個人データがデータ主体から提供される前に、データ主体は当社のデータ保護責任者に連絡しなければなりません。当社のデータ保護責任者は、個人データの提供が法律または契約によって要求されているのか、契約の締結に必要であるのか、個人データを提供する義務および提供されないことの結果がデータ主体に対して明確にします。個人データ

  23. 自動意思決定の存在

    責任ある会社として、私たちは自動意思決定やプロファイリングを使用しません。

    このプライバシーポリシーは、 WILDE BEUGER SOLMECKEと共同で開発されたDGD Deutsche GesellschaftfürDatenschutz GmbHの外部データ保護責任者のプライバシーポリシージェネレータによって生成されました。弁護士中古ハードウェアディーラーRC GmbH。

cFos Softwareの連絡先ページ。