cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。
新製品! cFosSpeedのメーカーが作りました: cFos EVSE

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

Hint:
優先順位付けは、できる限り少ないデータしか優先しない場合にのみ適切に行われる。大量のデータを送るプログラムを低優先度で提供する。

プログラムの優先順位設定

まずcFosSpeedは、接続ごとにレイヤ7プロトコルを検出しようとする。検出されない場合(つまり、プロトコルが未知である場合)、または、検出されたプロトコルのプライオリティが「正常」である場合は、プログラム検出によってプライオリティを決定する。

特殊なケースとして、HTTPのストリームが検知される場合があります。 検知されたプロトコルがHTTPの場合、cFosSpeedはそれがビデオまたはオーディオのストリームであるかを検出しようとします。 これは以下のように機能します。

ユーザーエージェントが既知のプレイヤーまたは「player」というサブストリングを持っている場合cFosSpeedはその接続をHTTP_STREAM_CもしくはHTTP_STREAM_Sとして分類します。 BSTREAM_C/S接続などの場合は「通常」という優先度が割り振られ実際のプログラムの優先順位はプログラム優先順位設定により決定されます。
これにより、通常の優先順位設定とは異なる優先順位をプログラムの使用の仕方に応じて自分で優先順位を設定することができます。


優先順位付け

優先順位付け-重要なストリームを最優先に

いちばんよく使われているネットワークプロトコルのプライオリティは、調整できるので、それを使っているすべてのプログラムは自動的に正しいプライオリティを持つ。さらに、個々のプログラムの優先順位を設定することもできる。これは、例えばゲームやビデオの視聴中にダウンロードが遅延しないことを意味している。

優先順位が設定されているプログラム


接続の優先順位をオンザフライで変更

接続の概要 / 接続の優先順位をオンザフライで変更

どのプログラムが帯域幅を使用しているかが一目でわかります。 cFosSpeedを使用すると、優先度を一時的に変更して、転送速度を上げたり、タイムクリティカルなアプリケーションの待ち時間を短縮したりできます。

1) 優先順位を下げる
2) 優先順位を上げる