cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。
新製品! cFosSpeedのメーカーが作りました: cFos EVSE

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

cFosSpeedでのタスクのオフロード

cFosSpeedはタスクのオフロードをサポートしますが、いくつかの要因に依存します。

  • ネットワークアダプターがサポートされている必要があります。
  • アダプターオプションのスクリーンショット スタックには、特定のウイルス対策フィルタードライバー、VMwareまたはVirtual Box仮想ネットワークドライバー、Wiresharkパケットキャプチャなど、それを妨げる他のドライバーがあってはなりません。新しいドライバーでも動作する可能性がありますが、ネットワークアダプターダイアログを開いてドライバーのチェックを外すことで、自分で確認する必要があります。
    備考: 有効化するには、システムを再起動する必要があります。
  • スタックには、少なくともNDIS 6.30以降の新しいネットワークドライバーしか存在しない場合があります。

cFosSpeed設定(アダプター情報)でアクティブアダプターのフラグをチェックすることにより、タスクオフロードが有効かどうかを確認できます。IPv4 / IPV6の受信と送信には 、次のフラグがオンになっている必要があります: tcpchkudpchk 、IPv4の場合はipchk
アクティブなアダプターフラグのスクリーンショット
Large Segment Offloading Offload LSOv2 IPv4 、「 Offload LSOv2 IPv6 Offload LSOv2 IPv4 」および「 Offload LSOv2 IPv6 」のminsegcntは2以上である必要があります。
現在、 Receive Segment Coalescingは、高価なアダプターでのみアクティブです。有効になっている場合、「 Offload RSC 」はIPv4 = 1およびIPv6 = 1である必要があります

cFosSpeedのタスクオフロードの説明。