cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

cFos Personal Netを外部から到達可能にする

現在、ほとんどのインターネットユーザーは、パブリックインターネットアドレスを直接使用していません。代わりに、パブリックインターネットアドレスをプライベートネットワークのアドレスに変換するルーターがインストールされています。そのため、ユーザーが外部への接続を開始するたびに、ルーターはプライベートアドレスとポート、およびパブリックアドレス間の一時的なマッピングを自動的に設定します。しかし、外部からのユーザーがルーター(およびローカルネットワーク)にアクセスすると、ルーターはネットワーク内のどのコンピューターに「呼び出し」を転送するかを知りません。

したがって、cFos Personal Netの場合、ルーターでNATポート転送を設定する必要があります。ルーターのセットアップに移動して、NATセットアップ、NATポート転送、NATルールなどを探します。次に、TCP接続のルールを追加して、ポート80(HTTPの場合、HTTPSの場合はポート443)をcFos Personal Netが実行されているマシンのポート80にマップします。

ここで様々なルータのためにポート推進を可能にする方法に関する指示は利用可能です

また、cFos Personal Netへのトラフィックがファイアウォールを通過できるかどうかを確認する必要があります。 cFos Personal Netは、Windowsファイアウォールでポート80を自動的に開くことができますが、他のベンダーのファイアウォール製品/ウイルス対策製品ではできません。また、一部のルーターにはファイアウォールもあります。ポート80(および場合によっては443)のTCPトラフィックがcFos Personal Netに到達できるようにしてください。

cFos Personal Netを実行しているマシンのローカルアドレスが192.168.2.122であるとします。次に、ポート80のすべてのTCPトラフィックが192.168.2.122:80に進むことを許可するNATルールが必要です。

次のようにして、cFos Personal Netの接続を確認できます。

  1. ブラウザを起動して、 http://localhostと入力しhttp://localhost
    cFos Personal Net Webページが表示されている場合、cFos Personal Netは基本的に機能していることがわかります。
  2. たとえば、 http://192.168.2.122 (cFos Personal Netを実行しているマシンのローカルアドレス)をブラウザーに入力します。そうすることで、ルーターを介して接続を開きます。 cFos Personal Net Webページが表示されている場合、ファイアウォールがcFos Personal Netのトラフィックを通過させていることがわかります。
  3. 次に、パブリックIPアドレス(たとえば、cfos.deホームページの下部)を見つけて、ブラウザに入力します(例:http://217.23.123.7) 。これにより、ルーターのファイアウォールとNATポート転送がテストされます。 cFos Personal Net Webページが表示されない場合は、NATポート転送を構成する方法についてルーターのドキュメントを参照してください。

cFos Personal Netのドキュメント

cFos Personal Netのドキュメントルーター/ファイアウォールの構成cFos Personal Netサーバーのインストールに関するセキュリティのヒント