cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーム製品の公式インターネットアクセラレータです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

Linksys WRT600Nのポート転送を有効にします


Linksys WRT600N Steps 1-3

1 LinksysルーターWRT600Nは、IP 192.168.1.1でローカルネットワークに自身を提示します。ブラウザーを開き、アドレスバーにこのIPアドレスを入力します

2 ログイン画面が表示されます。ユーザー名とパスワードを入力します。デフォルト値については、ルーターのドキュメントを参照してください

3 Log in 」ボタンをクリックします



Linksys WRT600N Step 4

4 ルーターのユーザーインターフェイスページが読み込まれ、メインメニューが上部にあります。 「 Applications & Gaming 」タブをクリックします



Linksys WRT600N Steps 5-8

5 デフォルトでは、「 Single port forwarding 」タブがロードされます。ここで、転送するポートとネットワーク上のコンピューターを指定する必要があります

6 HTTP、FTP、POP3などのドロップダウンリストからサービス名を選択できます。デフォルトのポートはルーターによって転送されます。 HTTPポート80、FTPポート21、またはPOP3ポート110。このサービスを転送するコンピューターのIPアドレスの最後の番号のみを入力する必要があります。

7 または、完全に手動のポート転送セットアップを行うこともできます。参照用に割り当てるアプリケーション名を入力します。 外部ポート内部ポートを入力します 。外部からの外部ポートは、コンピューターの内部ポートに転送されます。ドロップダウンリストから[TCP] 、[UDP]、または[両方]を選択します 。ポートを転送するコンピューターのIPアドレスの最後の番号を最後に入力します

8 Save Setting 」ボタンをクリックします



Linksys WRT600N Steps 9-11

9 さらに、必要に応じてポート範囲を転送できます。メニューの「 Port Range Forwarding 」タブをクリックします

10 参照用のアプリケーション名を指定します。また、「 Start – End port 」の値の単一ポート転送タイプと同様に、「TCP」、「UDP」、または「 Both 」を選択し、コンピューターのIPアドレスの最後の番号を入力して、この範囲を転送します

11 Save Setting 」ボタンをクリックします



これで、コンピューターのポート転送が構成されました!

Linksys WRT600Nのポート転送を有効にしますLinksys WRT600Nのポート転送のアクティベーションに関する説明