cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーム製品の公式インターネットアクセラレータです。

私たちを支援するための無料ライセンス(cFosSpeed)を入手してください。 一部のテキストは機械翻訳によって生成されます。これらのテキストの改善にご協力ください。クリックして翻訳モードを開始します。

Perlスクリプトを使用したcFos Personal Net

cFos PNetでPerlスクリプトを使用するには、4つのステップがあります。

  1. http://www.activestate.com/activeperlからPerlをダウンロードしてインストールします
  2. Perlスクリプトがあるディレクトリの.htaccessファイルを編集します。または、Perlスクリプトをグローバルに有効にするには、ドキュメントルートディレクトリまたはc:\programdata\cfos\cfospnet\private.htaccessファイルを編集します。次のディレクティブを追加します。
    AddHandler cgi-script pl
  3. すべてのPerlスクリプトで正しいインタープリター行を確認してください。 CGIスクリプトでは、スクリプトファイルの最初の行は、そのスクリプトのインタープリターの場所をWebサーバーに伝えます。 UNIXでは、 perlは多くの場合/usr/binます。したがって、すべてのPerlスクリプトで、perlインタープリターの場所を変更します(「 」文字の後)。
    #! /usr/bin/perl

    #! c:\perl\perl.exe
    Perlインストールディレクトリがc:\perlであると仮定します。
  4. sendmailを構成します。 cFos PNetには、UNIXスタイルのメール送信を可能にする小さなsendmail.exeが付属しています。これは、SMTP経由でメールを送信するためにGLOBAL.INIでのCFO PNETのために設定されたSMTPパラメータを受け取り、 標準入力からプレーンテキストとしてメールを受け付けます。 Perlスクリプトでsendmail呼び出しを検索し、cFos PNetのsendmail.exeの呼び出しに置き換えます。
    たとえば、変更
    open(MAIL、 "|/usr/bin/sendmail -t -i -oi");

    オープン(MAIL、 "| c:\\プログラムファイル\\cfos\\cfospnet\\sendmail.exe -t -i -oi");
    c:\program files\cfos\cfospnetは、cFos PNetインストールディレクトリです。

PHPおよびMySQLを使用したcFos Personal Net

以下は、cFos PNetでPHPスクリプトとMySQLを使用する手順です。

  1. http://windows.php.net/download/からスレッドセーフバイナリをZIPファイルとしてダウンロードしますc:\phpなど、選択したPHPディレクトリに解凍します。
  2. php.iniを編集し、それをするPHPのディレクトリで、名前の変更php.iniの生産
    1. sendmailをセットアップします。 cFos PNetには、UNIXスタイルのメール送信を可能にする小さなsendmail.exeプログラムが付属しています。 sendmail_pathの; 」コメントを削除し、この行を
      sendmail_path = c:\\プログラムファイル\\cfos\\cfospnet\\sendmail.exe
      c:\program files\cfos\cfospnetがcFos PNetインストールディレクトリであると仮定します。
      代わりに、 PHPの組み込みメール送信機能を使用することもできます
    2. variables_orderE 」を追加しvariables_order (例えば、 variables_order = "EGPCS"
  3. PHPインタプリタがキー追加することによって、配置されている場所のCFO PNETを知らせるphp_interpreterセクションに[param]GLOBAL.INI :Cでの\はProgramData\のCFO\cfospnet、例えば
    php_interpreter=c:\php\php-cgi.exe
    ここでPHPのCGIバージョンを指定する必要があります。
  4. PHPスクリプトでdocument_rootなどのパブリックディレクトリの場所を使用している場合は、構成する必要があります。デフォルトではc:\programdata\cfos\cfospnet\pubです。
  5. MySQLをダウンロードしてインストールし(Community Edition、「サーバーのみ」としてインストール)、追加のユーザーを設定します(db管理者権限を持つ場合があります)。
  6. Windows Extensions下のphp.iniでコメント解除
    ;extension=php_mysqli.dll
    に変更します
    extension=ext/php_mysqli.dll

WordPressを使用したcFos Personal Net

  1. MySQLとPHPをダウンロードしてインストールします。
  2. WordPressデータベースを構成します。
    1. コンピューターでmysql.exeを見つけてmysql.exeします
      > mysql.exe -u admin_username -p
      Enter admin_password
    2. 次に、次のコマンドを発行します。
      CREATE DATABASE pnet_wordpress_db;
      GRANT ALL PRIVILEGES ON pnet_wordpress_db.* TO " wordpress_username "@"localhost" IDENTIFIED BY " wordpress_password "; FLUSH PRIVILEGES; EXIT;
    3. mysql.exeとコマンドDROP DATABASE pnet_wordpress_db;を使用して、そのデータベースを削除できますDROP DATABASE pnet_wordpress_db;
  3. pnet pubツリーにサブディレクトリを作成し、zipアーカイブからWordPressをそこにコピーします。
  4. pnetを起動し、ブラウザでWordPressインストールスクリプトを実行します。
    http://localhost/ your_wordpress_subdirectory /wp-admin/install.php
    そして、 pnet_wordpress_dbwordpress_usernameおよびwordpress_passwordを使用して、WordPressが使用するデータベースを指定します。

cFos Personal Netのドキュメント

cFos Personal Netのドキュメント概要cFos Personal Netでいくつかのスクリプト言語をセットアップして使用する方法