cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

cFos Personal Net Media Server

cFos Personal NetにはUPnPメディアサーバーが組み込まれています。あなたは中GLOBAL.INI[PARAM]セクションでキーenable_media_server = 1を設定することによって、それをアクティブにすることができますprogramdata\cfos\cfospnetディレクトリ。

メディア(オーディオ、ビデオ、画像)のルートディレクトリは、デフォルトではpubディレクトリのmediaです。 media_dir=<directory>[param]セクションのmedia_dir media_dir=<directory>キーをmedia_dir=<directory>して変更できます。 pubサブディレクトリである必要がありpub cFos Personal Netは、 .encを追加することにより、メディアディレクトリの名前を使用してメディアのURLをエンコードします。たとえば/メディア/...となり/media.enc/...あなたが使用してはならないので/media.encディレクトリ。
cFos Personal Netは、メディアディレクトリとサブディレクトリをHTTP認証設定と照合してチェックし、HTTP GETメソッドによる無制限のパブリックアクセスを持つファイルまたはディレクトリのみをレポートします。 UPnPメディアサーバーを有効にすると、cFos Personal NetはWindowsファイアウォールでUDPポート1900TCPポート2869 (これらは標準UPnPポートです)を自動的に開きます。

cFos Personal Netを再起動すると、メディアディレクトリとサブディレクトリ内のすべてのファイルのコンテンツタイプaudio/*video/*およびimage/*がスキャンされ、LAN内のUPnPクライアントに報告されます。 UPnPレンダラー(テレビやインターネットラジオなど)は、これらのファイルを要求して再生できます。 Windows Media Playerで簡単にテストできます。 cFos Personal Netを再起動すると、Windows Media Playerの[メディアライブラリ]タブに新しいエントリが表示されます。

cFos Personal Netのドキュメント

cFos Personal NetのドキュメントUPnPメディアサーバーcFos Personal Netのメディアサーバー機能のドキュメント