cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーム製品の公式インターネットアクセラレータです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

の特徴を一目で

  • PPPoEのダイヤルアップは、Windows用のドライバを開設する
  • 高速の10倍、Windowsのドライバよりも速く
  • 低CPU使用率
  • PPPoEを自動的に、すべてのPPPoEのパラメータ設定を検出する
  • 着信コール
  • 複数のセッションは、接続数の制限はありません
  • 'とフィルタリングサービスの名前'と'のACネーム'
  • は、NDIS 5.1 / NDISは6ビスタ(下/ Windowsの7)

何cFosブロードバンド接続ですか?

ブロードバンド接続cFos高性能ダイヤルされ、高帯域幅を持つインターネットアクセス用のドライバを開設する。一方、ドライバはWindowsのみで4.5メガバイトまで転送することができます出荷/秒(= 36 Mbit /秒)、ブロードバンド接続cFos 50バイトの送信/秒(= 400 Mbit /秒)です
ギガビットでテスト済み無線LANは、ペンティアム4(3GHzの)。

ブロードバンド接続cFos、最小限のCPU負荷の下での最大スループットのために設計されます。これは、実際のインターネットアプリケーションには、CPUの消費電力の葉、メディアプレーヤー、などなどフルスピードでブロードバンド接続cFosはわずか3%のCPU時間が必要です。

ブロードバンド接続cFosすべての重要なPPPoEのパラメータをサポートしています。これらを簡単に電話番号の接続は、ダイヤルアップを使用して構成できます。自動で検出ブロードバンド接続cFos、すべてのインターネットへのアクセスをシステムに接続点を求める。

ブロードバンド接続は、着信コールを受け入れることができますcFos。それをセットアップできる独自のPPPoEサーバー。これは、ギガビットイーサネットカードを使用して独自のスピードテストができます。

ブロードバンド接続、複数のPPPoEセッションを同時に可能にcFos。着信および発信のセッションの任意の番号を使用することができます。特定のサービスやアクセスポイントへの接続を制限することができるサービスの名前'と'とのAC名'パラメータを示します。

ブロードバンド接続Vista/7の下で、それはさらに、ネットワークのパフォーマンスを提供するNDISの6をサポートcFos。

ブロードバンド接続して、cFosSpeed cFos:完璧なチーム。高性能なデータ転送を加え、トラフィックシェーピング、すなわち。最大帯域幅を最小限にpingします。


場合、私は使用する必要があり ブロードバンド接続cFos?

コンピュータがダイヤルアップPPPoE接続を使用してインターネットに接続している場合のみ、 cFos Broadband Connectを使用できます。 (ただし、この接続を実現するルーターを使用する場合(!!)この場合、cFosSpeedを使用する必要があります)。高性能ダイヤルアップとして、4,5 Mbyte/s(= 36 Mbit/s)を超える帯域幅での使用は特に合理的です。 cFos/Professionalと比較して、 cFosブロードバンド接続にはCPU使用量が少ないという利点があります。

意思決定支援ページはこちらにあります


システム要求

  • Windows XP / Windows Vista / Windows 7
  • 32bit / 64bit (x64)
  • IPv4および/またはIPv6ルーターまたはDSLケーブルモデム(PPPoE)

ドキュメント

電話番号の形式:

   パラメーターは任意の順序で表示できます。たとえば、 

d\aidx=x\serv=x\h=x\ac=x\to=x\tr=x\prio=x\vlan=x

パラメーター:      デフォルト:      意味: 

d任意の数字、無視
 aidx=x -1 -1 =自動検出、0..n =ネットワークアダプターのPPPoE x 
 (レジストリに保存されているアダプターインデックス) 
 serv= name                    発信コールのサービス名文字列
h=1 or h=0 1 host_uniqueタグの使用を有効または無効にします(1 =有効)) 
 ac=name文字列。PPPoEネゴシエーションを特定のACに制限するために使用できます。 nameはAC名のサブストリングである必要があります
 to=x 2000発信PPPoEの初期タイムアウト:サーバー応答のタイムアウト(ミリ秒単位) 
 tr=x 3タイムアウト時の再試行回数
 prio=x VLANパケットの優先度(値0-7から) 
 vlan=x VLAN ID 


            

パラメータの cfosBC.ini, セクション [param]:

func_trace 0ロギングレベル、0 =最小、1 =データ送信を除くすべての機能、 
 2 =データ送信機能もログに記録
wan_lines 2着信および発信接続用のチャネル数。 
この値を変更した場合は、ドライバーを再起動する必要があります
 (その後再起動し、必要に応じてDUN接続を調整します)
allow_incoming_calls 0 1 =着信コールを許可、0 =着信コールを無視
use_delayed_send 0 11 = NDIS 6でのスタック問題の遅延送信、0 =非アクティブ化
一部のネットワークアダプターは、スタックオーバーフローによりBSODを引き起こします。 
次に、このアダプタの新しいドライバを探す必要があります。 use_delayed_sendしない場合は、 use_delayed_sendを1に設定します。
dump_unknown_frames 1 1 =不明なPPPoEフレームをtrace.txtにダンプ、0 =非アクティブ化
in_service_name (empty)は、サービス名にin_service_nameで指定された部分文字列が含まれている場合にのみ、着信呼び出しに応答します。
padr_timeout 2000ミリ秒単位のタイムアウト。着信コール中にcFos Broadband ConnectがPADRを待機する時間を指定します。
max_frame_size=x最大フレームサイズ(MTU)、デフォルトは1492
            

cFos Broadband Connectのドキュメント。