cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

Observa BRA14NR_H2のポート転送を有効にします


Observa BRA14NR_H2 Step 1

1 ブラウザに移動して、URLアドレスバーに192.168.0.1と入力し、Enterキーを押します。これにより、設定パネルにアクセスするために資格情報を入力する必要があるウィンドウが開きます。資格情報はルーターの背面に印刷されます。



Observa BRA14NR_H2 Steps 2-3

2 [Internet]セクションと[Port Mapping]をクリックして、ポート転送の構成ページを表示します。

3 プラス(+)記号をクリックして新しいルールを追加すると、ウィンドウが開きます



Observa BRA14NR_H2 Steps 4-5

4 cFos Personal Netが実行されているマシンのIPを入力します。プロトコルをTCPに設定します。 [タイプ]を[ポート]に設定し、パブリックポートとLANポートの両方で80を入力します

5 Save 」をクリックして、これらの設定を受け入れます



Observa BRA14NR_H2 Step 6

6 Apply 」をクリックして構成を保存します



これで、コンピューターのポート転送が構成されました!

Observa BRA14NR_H2のポート転送を有効にしますObserva BRA14NR_H2のポート転送のアクティベーションに関する説明