cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

D-Link DVG-5102Sのポート転送を有効にします


D-Link DVG-5102S Step 1

1 ルーターのURLをインターネットブラウザーに入力します。
ログオンパスワード画面で資格情報を入力します(工場出荷時の設定から変更していない場合、パスワードはadminであり、大文字と小文字が区別されます)。
Log In 」をクリックします



D-Link DVG-5102S Step 2

2 Advanced 」タブをクリックします



D-Link DVG-5102S Step 3

3 デフォルトで「 Virtual Server 」ページが開きます。そうでない場合は、上部の左ペインのメニューツリーを見ると、「 Virtual Server 」が表示されているはずです。クリックして



D-Link DVG-5102S Step 4

4 [名前]フィールドに、ポート転送ルールを作成したことを覚えている名前を入力します。このバージョン/モデルでは、このフィールドは15文字に制限されており、これには追加するスペースが含まれます



D-Link DVG-5102S Step 5

5 [IPアドレス]フィールドに、cFos Personal Netが実行されているコンピューターの静的IPアドレスを入力します



D-Link DVG-5102S Step 6

6 プロトコルのオプションはTCPまたはUDPであるか、 両方を選択できます。疑わしい場合は、 両方を選択します



D-Link DVG-5102S Step 7

7 次の両方のトリガーポートを80の値に設定します



D-Link DVG-5102S Step 8

8 インバウンドフィルター「すべて許可」に設定したままにしてください
自分の好みに合わせてスケジュールを設定します



D-Link DVG-5102S Step 9

9 [有効]の右側のボックス内にチェックマークがあることを確認します



D-Link DVG-5102S Step 10

10 Save 」をクリックしSave



D-Link DVG-5102S Step 11

11 新しく追加された仮想サーバールールが表示されます。



D-Link DVG-5102S Step 12

12 [Save Settingクリックすると、ルーターテーブルが更新され、新しいルールによるサーバー接続の許可が開始されます。



D-Link DVG-5102S Step 13

13 新しく適用されたルールが成功したことを示す次の画面が表示されます。仮想サーバーコンソールを更新して再表示するのに2〜5秒以上かかると思われる場合を除き、[Continue]をクリックする必要はありません。



D-Link DVG-5102S Step 14

14 更新が行われると、このウィンドウが再び表示されます



これで、コンピューターのポート転送が構成されました!

D-Link DVG-5102Sのポート転送を有効にしますD-Link DVG-5102Sのポート転送のアクティベーションに関する説明